小佐々院長のコラム

子どもの予防矯正第一人者 Dr.小佐々 睛夫

『小佐々(こささ)院長のコラム』にて子どもの歯並びについて情報発信しています。子どもの予防矯正第一人者が、他では聞けない最新の情報をご提供しています。是非ご覧になってください。

  • 2020/07/13
  • 乳幼児期

噛むことの大切さ2

みなさん、こんにちは

 

 

京都市北区、北山の小佐々歯科診療所です。

 

 

梅雨の季節になり、じめじめした日々が続きますね。

 

 

 

前回に「噛むことの大切さ」というタイトルでコラムを書かせていただきました。

 

http://www.ha-narabi.jp/column/post-35/

 

 

今回は噛むことについて、もう少し掘り下げて書かせていただきます。

 

 

まず、なぜ物を噛むのか?

 

 

これは食べ物を消化する過程の1番初めの行動で、すごく大事な部分になります。

 

 

 

食べ物を噛むのは、ものを胃や腸の中で消化しやすい形状にするためです、

 

 

 

例えば、わかりやすく、コロッケを丸呑みした場合を想像してみてください。

 

 

噛まないので、コロッケは衣サクサクの状態で喉を通り、やがて胃に到達します。

胃の中は強酸の胃液がありますが、それで溶かせるのはせいぜいサクサクの衣あたり。

 

 

中はなにも形がかわらないまま腸にいきますが、そこで吸収しようにも、なにもドロドロの形になっていないので、ぜんぜん吸収されません!!

 

 

腸で吸収できないコロッケの中身は消化不良により、そのままカチコチのウンチとして出てしまいます。

 

 

せっかくコロッケを食べたのに、何も吸収されないまま体から出てしまう。

 

 

こんな食事をしていれば顎が発達しないばかりか、体が成長しません!!

 

 

 

食べたものをたくさん噛んで、細かく細かくし、唾液によっても消化させ、胃の中でドロドロにし、腸でしっかりと吸収して、元気な体に繋がる!

 

 

 

よく噛むことは体が健康に育つための第一歩なんですね。

 

 

なので、前回にもお話しましたが、130回!

噛むことをやってみてください!

 

 

きっと将来、健康に大きな違いが出てくるはずです♪

 

一覧へ戻る

当院の診療時間やアクセスをご紹介しています 医院情報

診療のご相談、ご予約、お問い合わせはお電話でどうぞTEL:075-721-5511

pagetop